2017年3月15日 (水)

卒業式 3月11日


 3月11日(土)、卒業式が行われました。

 式が始まり、入場の際の堂々とした姿はさすが3年生だと感じました。

 Dsc_0019_r


 卒業証書授与では、呼名された卒業生ひとりひとりの大きな返事が体育館に響きました。
 校長先生から卒業証書を受け取った卒業生の表情はとても真剣で、最上級生としての貫禄があります。

 Dsc_0033_r

 
 在校生送辞は2年生の佐藤さんが読みました。
 今まで下級生を支えてくれた3年生に対する尊敬や感謝が伝わる送辞でした。

 Dsc_0088_r


 卒業生答辞は3年生の茂木さんが読みました。
 今までの行事や生活での思い出や、保護者や先生に対する感謝の言葉に、卒業生だけでなく保護者や先生方の目にも涙が見えました。 

 Dsc_0098_r


 卒業の歌は「ほらね、」を全校合唱しました。
 この曲は、東日本大震災のあとに「歌で日本をつなげよう」、「歌で被災地を応援しよう」という思いを込めて書き下ろされた曲だそうです。
 生徒全員が「僕らはひとりじゃない」、「誰もひとりじゃない」という温かくも力強い思いを込めて歌っていました。

Dsc_0114_r


 3年生は「旅立ちの日」にを合唱しました。
 涙で声をつまらせながらも頑張って歌っている3年生の姿がとても感動的でした。

Dsc_0144_r


 3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 卒業はゴールではなく、ここからまた新しいスタートです。
 それぞれの未来へ向かって大きく羽ばたいてください!


3年生をおくる会 3月9日

 
 3月9日(木)に3年生をおくる会が開かれました。

 発表を行った1・2年生は朝早くに来て練習する姿も見られ、部活や運営部などでお世話になった3年生を気持ちよく送りだそうという気持ちが伝わってきました。
 
 Dsc_0017_r

 Dsc_0026_r


 クイズはいくつ正解できたでしょうか?
 なかなか難しい問題もありましたね。

 Dsc_0050_r

 3年生にとっても思い出に残る楽しい会となりました。

2017年2月22日 (水)

除雪ボランティア 2月16日


 2月16日に1年生が除雪ボランティアを行いました。

 1年生が2つの班に分かれ、矢島町内にある2軒のお宅を訪問しました。
 絶好の雪寄せびよりで、汗を流しながら一生懸命スノーダンプを押したりシャベルで雪を崩していました。
 
 Dsc_0042_r

Img_20170216_135227_r


 体力に自信のある生徒も雪の重さと格闘しながらの除雪でした。
 中には雪に足を取られてしまう生徒の姿や、身長を超える雪の山に驚いている生徒も見られました。
 お家で除雪を手伝う際には必ず保護者と一緒に、安全に作業をするようにしましょう。

Dsc_0088_r

Josetu2_r

 訪問したお宅の方にも喜んでいただき、生徒は達成感でいっぱいでした。
 助け合うことの大切さを知り、地域の方とふれあえる貴重な機会となりました。


2017年2月16日 (木)

やしま雪夜の冬まつり 2月11日、12日


 2月11日、12日にやしま雪夜の冬まつりが開催されました。
 雪深い矢島地域ならではの行事で、毎年矢島駅周辺はとても賑わっています。

 矢島中学校は2年生が矢島駅前広場で雪灯籠製作をしました。
 水分を含んだ雪は重く、四苦八苦しながらの製作でしたが、個性的でダイナミックな雪灯籠が完成しました!

 Dsc_2717_r

Dsc_2732_r


 点灯された雪灯籠はとても幻想的できれいでした!

Dsc_0005_r

Dsc_0002_r

 今回の雪灯籠製作でやしま雪夜の冬まつり実行委員会から特別貢献賞の賞状をいただきました。
 

2017年1月25日 (水)

1月24日 ウィンタースポーツスクール


 1月24日、ウィンタースポーツスクールが行われました。

 連日悪天候が続いており当日の天気も心配されましたが、天候に恵まれ朝から絶好のスキー日和でした。
 いざバスへ乗り込み、鳥海高原矢島スキー場へ出発です!

 Dsc_0005_r


 矢島小学校の行事でもスキー教室があるため、スキーやスノーボードの扱いには慣れている生徒が多く、スムーズに装着をしていました。

 P1240355_r



 なかなかスキー場を訪れる機会がなく、今年度初スキー・スノーボードという生徒も多かったようです。
 保護者や先生に指導していただきながら、楽しく冬のスポーツを体験しました。
 今回指導にご協力いただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

 Dsc_0047_r

P1240358_r


 ウィンタースポーツスクールに関連して、図書館にはスキージャンパーの葛西 紀明選手の活躍や想いについて書かれている「スポーツ感動物語」の新シリーズが新刊として追加されました!
 学生時代や下積み時代の出来事やレジェンドと呼ばれるまでの努力について知ることのできる一冊です。
 他にも田中将大選手や白鵬関など現在活躍中のスポーツ選手についてのお話が収録されています。ぜひこの機会に読んでみてください。

2017年1月18日 (水)

全校集会 1月16日


 1月16日全校集会が行われました。

 Dsc_0001_r

 冬休みは充実した時間を過ごすことができたでしょうか?
 自分の時間を作ることができたという声や、集中して学習に取り組めたという声が生徒から多く聞けました。
 冬休み中の校内でも部活を頑張る生徒や図書館で課題に取り組んでいる生徒の姿が多く見られました。


 生徒発表では各学年からひとりずつ、今年頑張りたいことや目標を発表してもらいました。
 年明けは新しい目標を立てやすい時期です。
 「今年はこれをやり遂げるぞ!」という目標を立て、自分の理想に近づけるよう勉強や部活に取り組みましょう!

 Dsc_0009_r

Dsc_0012_r

Dsc_0019_r

 大寒波の影響で雪もたくさん積もり、連日寒い日が続いています。
 マスクを付けたり手洗いをしたりして風邪やインフルエンザの予防に努めましょう。

2016年12月21日 (水)

修学旅行 12月6日~9日


 12月6日から9日に3泊4日の日程で2年生の修学旅行がありました。

 矢島中学校を6時に出発するため、まだ辺りが暗い時間に集合した生徒たちですが、朝から元気いっぱいでした。
 保護者や先生に見送られ、いよいよ修学旅行がスタートです!

 Dsc02572_r

Dsc02599_r
 

 全日程の中から生徒たちの体験をいくつか抜粋します。

 遠州流茶道宗家では、今まで茶道教室で身につけたお点前の作法を披露しました。
 生徒は「雰囲気に緊張したけれど、とてもいい体験ができた」と感想を話してくれました。
 Img_5939_r

 Dsc_1347_r


 2年生に思い出に残った場所や体験について聞いてみると、「ディズニーランド」と答える生徒が圧倒的でした!
 「初めて行ったので楽しかった」、「友達とたくさんアトラクションを回った」などのお土産話もたくさん聞かせてもらいました。
 他にも「国会議事堂」や「東京証券取引所」の施設や設備に驚いた、訪れて良かったなどの意見もありました。

Dsc_2632_r

Dsc_2745_r

Dsc_2753_r

Dsc07223_r

 
 今回の修学旅行で学んだことを学習や生活面で活かせるようにしましょう!
 お見送りやお迎えに来てくださった保護者の皆さま、ありがとうございました!
 


2016年11月30日 (水)

全校剣道大会 11月19日

 
 11月19日、全校剣道大会が行われました。
 剣道は本校の「三道教育」の一環として、書道や茶道と共に授業や教育活動に取り入れられています。
 全校剣道大会は“基本錬成の部”と“試合の部”に分かれ、体育の授業や修錬の刻で身につけた技術を発揮する矢島中学校の伝統行事となっています。
 全校生徒が参加する年度内の大きな行事は、この全校剣道大会が最後になるため、3年生をはじめとして生徒たちは気合い十分といった表情で臨んでいました。

Dsc_0018_r

 Dsc07131_r

Dsc07148_r


 試合の部では迫力ある試合展開に思わず手に汗を握る場面もありました。
 竹刀のぶつかる音が響く体育館は緊張感と熱気に包まれ、普段とは違った生徒の様子に圧倒された保護者の方も多いと思います。

Pb205371_r

Dsc07169_r

 審判としてご協力いただいた矢島地域の方々、足を運んでいただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

2016年11月16日 (水)

遠州流茶道教室 11月10日


 11日10日に2年生が遠州流茶道教室に参加しました。
 先生方から入席の所作からお点前、お運びまで丁寧に稽古していただきました。 

 Dsc07086_r


 奥に見える掛け軸に書いてある文字は「喫茶去(きっさこ)」と読みます。
 「お茶でも召し上がれ」という意味だそうです。
 茶道で使われる掛け軸に書かれている言葉は禅語が多く、「日々是好日」や「一期一会」などは有名ですね。

 Dscn2809_r

 お菓子は練切(ねりきり)でした。
 練切はバリエーションが多く、その形によって季節や行事を表現しています。

Dscn2807_r

 茶室を「大股で歩く」、「畳の縁を踏む」などはタブーとされていますが、他にも普段の生活ではあまり意識しないような所作もありました。

Dscn2785_r

 お点前はお茶のお稽古で最も重要と言える部分です。
 中でも抹茶を細かく泡立てるのは難しく、生徒たちも苦戦していました。
 茶筅を細かく振りながら茶碗の中を前後左右に動かすことがコツだそうです。

Dscn2890_r

 点てられたお茶をお客様にお出しするお運びも緊張の様子でした。
 茶道教室はまだ2回あるので、修学旅行までに上手な所作ができるよう頑張りましょう。

Dscn2865_r

 遠州流についてもっと学びたい!もっと知りたい!という人はぜひ図書館の「遠州流文庫」を利用してください。
 遠州流の歴史から茶道具や庭園へのこだわりなどが分かる本をたくさんそろえています!

2016年11月 9日 (水)

いのちの教育あったかエリア事業・講演会 11月7日


 11月7日、岩手県八幡平市博物館館長の小野永喜氏を講師にお招きして「東日本大震災を通して命の尊さを考える」という演目で講演会を開催しました。
 中学生だけではなく矢島小学校の5・6年生も参加し、講演が始まりました。

 Dsc_0008_r

 Tunami_r

 津波によって市が受けた被害や、突然の災害によって家族や友人の命を奪われた方々の悲しみなどを改めて感じ、「いのち」について考える大きな機会になったと思います。

Dsc_0002_r

 東日本大震災で失われた命はおよそ2万人、その9割以上が津波による死者でした。
 時速30kmに達することもある津波は、やってきてから逃げきることは大変難しいです。
 津波警報が出たら、まず高い場所やがんじょうな建物へ避難するようにしましょう。

 また地震や津波だけではなく災害は急に発生するものです。
 災害時に冷静な判断ができるよう、普段から対策をしたり経験を積んだりすることが大切です。
 避難経路や避難所を家族みんなで確認したり、非常用持ち出し袋を用意しておくなどして災害に備えましょう!

«後期生徒会役員選挙 10月21日